五行思想とは、中国古来より伝わる思想で、すべてのものは「木、火、土、金、水」の5つの元素によって成り立つという考え方です。それぞれの元素は二通りの相関関係があります。ひとつは「五行相克説」、もうひとつは「五行相生説」です。


五行相克説


五行相克説とは、それぞれがそれぞれをやっつける関係のことを示しており、木→土→水→火→金→木 の順番に循環しています。

どういうことかというと、


という関係になります。つまり、相性の悪い関係ということになります。


五行相生説


五行相生説とは、それぞれがそれぞれを生み出す関係のことを示しており、木→火→土→金→水→木 の順番に循環しています。

どういうことかというと、

という関係になります。つまり、相性のよい関係ということになります。


例えば、木の属性の人を中心に考えると、

ちなみに、自分と同系統の癒し、例えば木の属性の人に対する木の癒しというものは、同属なので、良いときにはとても良いが、悪くなるととことん悪くなるという性質をもっています。扱いが非常に難しいので、はじめのうちはあまりおすすめできません。

自分の属性をしっかりと認識していないと、癒しの効果がマイナスにでてしまうことがあります

しっかりと属性診断をし、自分にあった癒しをうけましょう。


 属性診断はこちら